幻想交響曲の鐘の貸出 rental

2018年3月17日 (土)

幻想交響曲の「鐘」を貸出します

米子管弦楽団は、2018年2月に鳥取県オーケストラ連盟演奏会・米子公演の主幹団体となり、ベルリオーズの幻想交響曲を演奏いたしました。

幻想交響曲の奇妙なストーリーでは、主人公の幻想の中で、4楽章の最後には断頭台で処刑され、5楽章ではサバト(魔女の饗宴)の中で目を覚まします。そこには、亡霊、魔法使い、あらゆる化け物が彼の葬儀のために集まっているのです。

ご存知の方が多いと思いますが、この5楽章では打楽器として「弔鐘」が叩かれ、それが全曲を通じて最も印象的な場面を作ります。

この「鐘」ですが、一般的にはチューブラーベル(いわゆるキンコンカンコン♪のベル)で代用されることが多いと思いますが、本来の幻想交響曲のシーンに対して、チューブラーベルでは健全的に明るくなってしまうという問題があります。

 

そこで我が団の打楽器パートは、なんと、

幻想交響曲用にオリジナルの「鐘」を作っちゃいました!

たまたま、打楽器奏者が鉄屋さんだったのです。それはそれは素晴らしい鐘が出来上がり、演奏会では大活躍しました。

せっかくの「鐘」がお蔵入りしてしまうのは、あまりにも勿体ないので、この記事のタイトル通り、全国の幻想交響曲を演奏するオーケストラ様に

幻想交響曲用の「鐘」を貸出させていただきます!

 

2673diconfree_2 (こんな音です)

もちろん商売ではなく、ひとえに、全国の音楽会でこの鐘が活躍することを期待しての企画です。

次のように貸出条件を設定してみましたが、いろいろご相談に応じますので、ご興味のある団体の方はまずは当団のメールまたはFacebookメッセージにご連絡ください。

【レンタル条件】

  • 対象    日本国内の全ての演奏団体
  • 貸出物件 幻想交響曲5楽章用の「鐘」2本 および 支持台
           支持台は上・下・土台の3つに分解できます。
  • 鐘の材質 砲銅BC6 (2本の色合いが違いますが同じ材質です)
  • サイズ   C鐘 φ35mm×長さ1,000mm
           G鐘 φ37mm×長さ1,150mm
  • 音程は揺らぎがあります。幻想交響曲の曲調には合うと思いますが、上記のサンプル音源をご確認ください。
  • 貸出期間 原則として3ケ月以内とします。
           演奏会終了後2週間以内にご返却ください。
  • 貸出料金 1演奏会あたり 15,000円 (送料別)
  • お支払い方法 銀行振り込み(詳細は別途ご連絡します)
  • 到着後1ヶ月以内のキャンセルは、実際の演奏会に使用しなかった場合は料金はいただきませんが、往復の送料はご負担いただくようお願いします。
 

P_20180225_095320_vhdr_auto

P_20180225_095340_vhdr_auto

| | コメント (0)
|