楽団について about us

2018年3月17日 (土)

幻想交響曲の「鐘」を貸出します

米子管弦楽団は、2018年2月に鳥取県オーケストラ連盟演奏会・米子公演の主幹団体となり、ベルリオーズの幻想交響曲を演奏いたしました。

幻想交響曲の奇妙なストーリーでは、主人公の幻想の中で、4楽章の最後には断頭台で処刑され、5楽章ではサバト(魔女の饗宴)の中で目を覚まします。そこには、亡霊、魔法使い、あらゆる化け物が彼の葬儀のために集まっているのです。

ご存知の方が多いと思いますが、この5楽章では打楽器として「弔鐘」が叩かれ、それが全曲を通じて最も印象的な場面を作ります。

この「鐘」ですが、一般的にはチューブラーベル(いわゆるキンコンカンコン♪のベル)で代用されることが多いと思いますが、本来の幻想交響曲のシーンに対して、チューブラーベルでは健全的に明るくなってしまうという問題があります。

 

そこで我が団の打楽器パートは、なんと、

幻想交響曲用にオリジナルの「鐘」を作っちゃいました!

たまたま、打楽器奏者が鉄屋さんだったのです。それはそれは素晴らしい鐘が出来上がり、演奏会では大活躍しました。

せっかくの「鐘」がお蔵入りしてしまうのは、あまりにも勿体ないので、この記事のタイトル通り、全国の幻想交響曲を演奏するオーケストラ様に

幻想交響曲用の「鐘」を貸出させていただきます!

 

2673diconfree_2 (こんな音です)

もちろん商売ではなく、ひとえに、全国の音楽会でこの鐘が活躍することを期待しての企画です。

次のように貸出条件を設定してみましたが、いろいろご相談に応じますので、ご興味のある団体の方はまずは当団のメールまたはFacebookメッセージにご連絡ください。

【レンタル条件】

  • 対象    日本国内の全ての演奏団体
  • 貸出物件 幻想交響曲5楽章用の「鐘」2本 および 支持台
           支持台は上・下・土台の3つに分解できます。
  • 鐘の材質 砲銅BC6 (2本の色合いが違いますが同じ材質です)
  • サイズ   C鐘 φ35mm×長さ1,000mm
           G鐘 φ37mm×長さ1,150mm
  • 音程は揺らぎがあります。幻想交響曲の曲調には合うと思いますが、上記のサンプル音源をご確認ください。
  • 貸出期間 原則として3ケ月以内とします。
           演奏会終了後2週間以内にご返却ください。
  • 貸出料金 1演奏会あたり 15,000円 (送料別)
  • お支払い方法 銀行振り込み(詳細は別途ご連絡します)
  • 到着後1ヶ月以内のキャンセルは、実際の演奏会に使用しなかった場合は料金はいただきませんが、往復の送料はご負担いただくようお願いします。
 

P_20180225_095320_vhdr_auto

P_20180225_095340_vhdr_auto

| | コメント (0)
|

2008年1月20日 (日)

米子管弦楽団のご紹介

【正式名称】 米子管弦楽団(ヨナゴカンゲンガクダン)

【通称】    よなかん

【人数】    約50名

【生息範囲】 団員は主に鳥取県米子市周辺に生息するが、松江市、鳥取市、遠くは関西の人にも生息している。

【主な活動】 年2回、夏と冬に演奏会

  • 定期演奏会 (1月か2月) 本格的なクラシックコンサート
  • 夏休みさわやかコンサート (7月) ゲスト歌手を招いて親子で楽しむチャリティーコンサート(コカ・コーラ主催)
  • その他 (不定期) 県民による第九コンサートの中心となったり、有志メンバーでミニコンサートに参加する場合もあります。

【特徴】

  • 米子弁で話す
  • いい加減だが居心地が良い
  • 本番間際になると練習の人数が急増する
  • すごく上手い人もけっこう多い
  • 大人になってから楽器を始めた人もいる
  • 学生から70代まで、年齢・性別はバラバラ
  • 米子に医大があるので、お医者さんが多い (万一練習中に倒れも心配ない?)
  • 人数が増えつつある

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

米子管弦楽団の歴史

Aika_o2_50当団に実はわりと長い歴史があって、現在の米管(よなかん)が3代目になります。
ここでは、当楽団の歩みをご紹介します。

続きを読む "米子管弦楽団の歴史"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月14日 (月)

ビオラの穐鹿さん⑩ 喜びも悲しみも幾年月

最初の指揮者は、斎城英樹さんですか?

うん。
いちばん最初、指揮者を誰にするかってことで、いろんな話があったんです。
結局、広島の大学を出た人がおって、その人が斎城さん(S50~S52)を連れて来た。

続きを読む "ビオラの穐鹿さん⑩ 喜びも悲しみも幾年月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビオラの穐鹿さん⑨ 3代目米管の始まり

1st_50 (初期の米子管弦楽団)

それで、(今の米管を)始めたんです。
それが、昭和50年。
たしか、(2代目米管解散から)10何年か空いとったと思います。

続きを読む "ビオラの穐鹿さん⑨ 3代目米管の始まり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビオラの穐鹿さん⑧ 空白期~3代目米管設立

穐鹿さんはずっと米子にお住まいですか?

ええ、そうです。
それで、私も何か仕事せないけんですが。
あっちに勤め、こっちに勤めね、いろんなことやってきました。
だけど、なかなか身が入らん(笑)。

続きを読む "ビオラの穐鹿さん⑧ 空白期~3代目米管設立"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビオラの穐鹿さん⑦ 戦後の音楽鑑賞事情

その頃の音楽鑑賞事情はどうでしょう?
今なら、どんな曲でも、すぐにCDが聴けるじゃないですか。

あのね、当時ね、各家庭でステレオをぱ~んと買って、レコードぽんぽん買って・・そういうところまで、みんな、いかんかったんですよね。
財政的問題というとおかしいけど。
ですけぇ、戦後、「レコード鑑賞会」なんてぇのがありました。

続きを読む "ビオラの穐鹿さん⑦ 戦後の音楽鑑賞事情"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビオラの穐鹿さん⑥ 2代目米子管弦楽団

Aika_m2_50

(演奏会打ち上げ風景)

戦後のオーケストラの話を聞かせてください。

その頃にね、当時の米子管弦楽団があったですが。
2代目でしょう、終戦後ですけんねぇ。

続きを読む "ビオラの穐鹿さん⑥ 2代目米子管弦楽団"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ビオラの穐鹿さん⑤ ノボせてバイオリン!

当時、学校を卒業したら、どういう進路が普通だったんですか?

普通の会社に勤めるとか・・まあ、どっちかといえば事務系ですけん、
それで、
「上の学校に行くか?」
って話もあったんですけど、上の学校に行くほどの頭もないし、自分の家のこととか、いろんなことを考えると、とても行けない。

続きを読む "ビオラの穐鹿さん⑤ ノボせてバイオリン!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビオラの穐鹿さん④ 音楽の時間に感動!

今までの工業学校の時は音楽の時間なんてなかったんですが、6・3・3制になったら、音楽の時間があったんですが。

Aika_y1_50 (学生時代の穐鹿さん)

もちろん、選択(授業)です。
それで、惑わず音楽の時間を選択しました。

続きを読む "ビオラの穐鹿さん④ 音楽の時間に感動!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|