« 米子東高校の弦楽部と共演します | トップページ | リンク:米子の文化団体 »

2010年9月 1日 (水)

米子市公会堂を存続させましょう

現在、米子市公会堂が使用停止になっていて、市議会で存廃が検討されています。

Kokaido

米子市公会堂は「1世帯が毎日1円の募金を」という市民運動も手伝って建設された、米子市の文化の殿堂です。50年経った現在でも鳥取県西部では音響が良いホールで、米子市で1000席クラスの唯一のホールです(コンベンションが2000席クラス、文化ホールが600席クラス)。

また、コンベンションホールは音楽ホールではないため、非常に音響が悪いという問題があります。

米子市公会堂が使用停止になることは、米子の音楽文化に大きく影響します。例えば3年に1回の「県民による第九公演」は開催場所が無くなります。吹奏楽コンクールなど大きな大会も開催場所が無くなります。

 

米子市公会堂の存続を求めるため、
「米子市公会堂の存続と早期改修を求める市民会議」
が市民運動を展開しています。

市民会議について、詳しくは、昨日オープンしたばかりの公式HP
 http://www.nokosaiya.org
をご覧下さい。

P20100831

米子管弦楽団も、楽団として、この市民会議に参加しています。ご賛同いただける方、ぜひご参加下さい!

|
|

« 米子東高校の弦楽部と共演します | トップページ | リンク:米子の文化団体 »

日記 diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米子東高校の弦楽部と共演します | トップページ | リンク:米子の文化団体 »