« アゴラほうき例会/木管五重奏 終わりました | トップページ | 第22回定期演奏会 »

2009年6月 7日 (日)

出版のお知らせ

米管のコントラバス団員の津村光洋さんが、このたび、本を出版されました。

なかなか素晴らしい本なので、このホームページでも宣伝させていただきます。

Pict20090523_2

  •  書名:図書館の屋根の下で
  •  著者:津村光洋
  •  出版:今井出版 2009年5月1日発行
  •  価格:840円
  •  

    鳥取県の図書館の歴史の本です。

    著者の津村さんは、お仕事でも図書館の司書をされているのですが、この本は仕事ではなくてプライベートで出版されたそうです。

    戦前の県立鳥取図書館について、創設や運営にまつわる話を調べ上げた著作です。

    創設期は、鳥取県の数多くの地元文化人が、熱い思いを持って図書館を中心とした文化活動を盛り上げていたことがわかり、ちょっと感動しました。

    鳥取県民ならば、一度は読んでみると良いと思います。

     

    鳥取県内なら、今井書店の郷土出版コーナーに置いてあります。

    ぜひご一読下さい。

     

    私の個人ブログに、もう少し詳しい内容を紹介しています:

     http://donguri-do.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-ef47.html

     http://donguri-do.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-9f64.html

    |
    |

    « アゴラほうき例会/木管五重奏 終わりました | トップページ | 第22回定期演奏会 »

    日記 diary」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    « アゴラほうき例会/木管五重奏 終わりました | トップページ | 第22回定期演奏会 »