« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年4月 9日 (水)

オペレッタ「天国と地獄」

オペレッタ『天国と地獄』は、オッフェンバックが本領を発揮したパロディです。
19世紀の当時も高尚なオペラで上演されていた有名なギリシア神話を、徹底的に喜劇に書き換えしました。

元になったギリシア神話は『オルフェウスとエウリュディケー』で、こんな話です:

====
オルフェウスは、後に「こと座」になる竪琴を弾いていた、ギリシア神話では有名な吟遊詩人です。さて、彼は大変な愛妻家でしたが、妻のエウリュディケーが毒蛇に噛まれて死んでしまいました。そこでオルフェウスが冥府に下り、黄泉の王プルトンに竪琴を弾いて頼みこんだ結果、「黄泉から戻るまで決して振り向かない」という条件で妻を取り戻せることになりました。しかし、もう少しのところで不安で振り向いてしまい、妻とは二度と会えなくなりました。
====

余談ですが、同じ話が、日本ではイザナギとイザナミの冥府めぐりの話として伝わっています。舞台となった黄泉平坂(よもつひらさか)は、米子の隣の安来市にあります。

さて、この名作がオッフェンバックの手にかかると、こんなパロディになりました:

続きを読む "オペレッタ「天国と地獄」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »