« ビオラの穐鹿さん⑧ 空白期~3代目米管設立 | トップページ | ビオラの穐鹿さん⑩ 喜びも悲しみも幾年月 »

2008年1月14日 (月)

ビオラの穐鹿さん⑨ 3代目米管の始まり

1st_50 (初期の米子管弦楽団)

それで、(今の米管を)始めたんです。
それが、昭和50年。
たしか、(2代目米管解散から)10何年か空いとったと思います。

始めたときには、松江に行きて(山陰フィルを)やっとった経験があるけん、わりとオケの、どういう具合にせないけんとか、わかっていました。
それで、これがまた不思議なことに、「団長を誰にするか」いうことになって、どういうわけか、ワシになってしまったんですわ。

Bさんという素晴らしい先生がおって、もちろん人気があったのに。
こっちはどっちかってえと、音楽にはずぶの素人でね。
もちろん、ノボせてバイオリン弾いとったけど。
それでね、不思議でかなわんだけど、みんながそういって言ったんですわ。

穐鹿さんなら不思議じゃないですよ(笑)

それでその、団長になっちゃって、ワシ自身はBさんに対してね、「何か悪いなあ」って気がずっとしておおました。
だけどまあ、人が
「穐鹿さんがええ」
って言うだけん、まあしょうがない。

そぃで、ず~っと世話さしてもらってます。

創立の時のメンバーは何人くらいですか?

え~とねぇ、管楽器も無いのもあったけど、いちおう2管がそろえて。
まあ、無いのもあった、もちろんオーボエなんか・・1人おったんかな?
それで、弦楽器もまあまあね、2~3人づつというか、4~5人づつというか。
コントラバスは無い、やっぱり(笑)
いや、悪さで弾いとおなった人はあるけどな。
とてもでないが、管弦楽曲をやるってぇのはね、無いね。
チェロも少なかったですよ。
もちろんビオラは無い(笑)。

創立メンバーで今までいるのは、HさんとGさんだけですね。

立ち上げのときは、「いよいよやろうか」って言ったら、すぐ揃ったんですか?

うん、ある程度ね。
他の学校の先生とか、・・ブラバンの指導をやっとぉなあDさん、あの人も。
だけん、Dさんも、学校の先生になったばかりみたいなときだったかな、と思うですが。
Dさんは、フルートです。
Bさんは、バイオリン。
あの人(Bさん)はね、器用なというか、ひゅ~っとチェロ持って弾いたりね、ああいう感じの人でした。
何でもかんでも、覚えてやっちゃうっていうような。
私は、当時は一点張りで、バイオリンやっとったです。

当時の穐鹿さんくらいの年代が中心で?

そうですね・・私より若い人ですな、相対的にいうとね。
まあポツリポツリ、大きい人はおられました。
あの・・Q医院のQ先生知っておられますでしょう?
あの先生とかね、もう今は亡くなられましたけど。
他に、境のRさんとかね。
もうこの人も亡くなられました。
森安さん(2代目米管の指導者)は、もう、かなり体を弱くされていました。
でも、(現米管が)できたときは、いちばん最初に何人か集まったときに、会場に来とられましたわい。
「良かった、良かった。」
言ってよろこんでおられました。
それでまあ、
「どういう曲をするか?」
とか言われて。
それで、森安さんが書かれた、今まで使っとった楽譜を譲ってもらって、とりあえずその中のを、やっとぉました。

(続く)
http://yonakan.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_e6a9.html

|
|

« ビオラの穐鹿さん⑧ 空白期~3代目米管設立 | トップページ | ビオラの穐鹿さん⑩ 喜びも悲しみも幾年月 »

楽団について about us」カテゴリの記事

米管列伝 biography」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519518/9888075

この記事へのトラックバック一覧です: ビオラの穐鹿さん⑨ 3代目米管の始まり:

« ビオラの穐鹿さん⑧ 空白期~3代目米管設立 | トップページ | ビオラの穐鹿さん⑩ 喜びも悲しみも幾年月 »